家庭の医療辞書

私が初めてレーシックを知った時には、とても画期的な方法でとても魅力を感じました。

家庭の医療辞書

レーシックは画期的な方法

家庭の医療辞書
私が初めてレーシックを知った時には、とても画期的な方法でとても魅力を感じました。
というのも私は、小学校3年生からメガネをかけなければならないぐらいの視力となっており、どうしても学校生活やその後の社会生活をする上でもメガネやコンタクトレンズで視力を矯正すると大変な場面が多く困っていたので、すぐにでも手術を受けてみたいと思っておりました。
特にサイクリングが大好きな私は長距離を走ることが多いのですが、どうしてもメガネだとサングラスがかけられないし、コンタクトレンズですと風による乾燥やゴミが入ってしまいとても苦労していたので、このような悩みを全て解消してくれるレーシックにはとても興味深く感じていましたね。
とはいえ正直なところ、初めてレーシックを知った時には今ほど一般的に知れ渡っている手術でもありませんでしたし、費用面はもちろん、眼球を直接手術することに対する恐怖心や衛生面での不安も感じておりましたので、躊躇をして今に至っているのが現状となっております。
でも最近では芸能人やスポーツ選手だけでなく、一般の人でも多くの方がレーシックをしているぐらい費用が安くなってきたり認知度も上がってきましたので、近い将来是非とも受けて快適な生活を送りたいと感じています。今は評判の良いクリニック選びをしている最中です。

視力が悪くなったことはない。

それでも年は取るわけで、そうなると近くのものが見えづらくなってきたので眼科に行った。
もう頑張らずに、メガネを作りましょうと医者に言われ作ったが、今まで裸眼で過ごしてきた私にはメガネがこんなに鬱陶しいものだと想像できなかった。
会社に文字通り、牛乳瓶の底のようなメガネを掛けている後輩がいる。
しかも先端恐怖症のようで、一度酒の席で指さしたら、その指にも恐怖を感じるという。
その理由は、コンタクトレンズを装着しているので尚更のこと恐ろしいんだと聞いた。
その後輩が、レーシックをしたと聞いたのはもう何年も前のこと。
最初はなんだか分からなかったが、視力回復の手術だと知った時は驚いた。
視力が回復する…、そんなことがあるのか。
さらに近視、遠視の人にとってメガネをつけなくていいというのは夢にまで見たことではないだろうか。
その後、後輩はレーシック手術をしたら、逆に老眼になったような気がすると言っていたが、私は先端恐怖症の彼が如何にして手術を決心したのか、そちらの方に興味を持った。
その恐怖感より、裸眼になれるということの方が大きかったに違いはないのだろう。
すごい、手術があったものだ。
その後、銀座の眼科での消毒不備による感染症が見つかった事件があったので、そんなに一般化していたのかとさえ思った。
ちなみに先日、眼科医に老眼にもレーシックはできるのか?と聞いたら、できないようだった。

健康・医療や医療の情報はこのWEBサイトがおすすめですよ。

Copyright (C)2014家庭の医療辞書.All rights reserved.